コラム▲TOP

笑顔がもっと輝く!口コミで話題の歯を白くするための方法とは?

あなたの歯、黄ばんだままにしていませんか?笑った時に見える白い歯は、印象が何倍も良くなります。今回は、歯を白くするための方法をご紹介。手軽にできるものから、時間をかけて確実に白くする方法まで様々あるので、あなたにぴったり合う方法をぜひ見つけてくださいね。


白い歯 記事内

歯が黄ばんでしまう、その理由とは?

鏡をふと見た時に、歯の黄ばみが気になったことはありませんか?意外と知られていない歯の黄ばみの原因は、大きく分けて2つあります。


①飲食物による着色

歯が黄ばむ1番の原因と言えるのが、食べ物や飲み物による着色。タバコや紅茶、コーヒー、ワイン、カレーなどの色素が歯に付着することで黄ばみを発生させてしまいます。この着色は、こまめなうがいや歯磨きをすることで防ぐことができます。しかし、時間をかけてしっかりと落としている人は実は少なめ。短時間で歯磨きを済ませてしまう人などは、色素がどんどん蓄積されてしまいます。


②加齢によるもの

黄ばみのもう一つの原因が、加齢によるものです。歳を重ねると、エナメル歯の内側にある象牙質の色が濃くなり、透けて見えてしまいます。加齢による歯の黄ばみは、ホワイトニングをしない限り、改善することは難しいと言われています。

歯を白くする4つの方法

歯を白くする方法は、予算や白さの程度に合わせて5つあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。


歯磨き記事内

①歯磨きで白くする方法

歯の表面についた汚れを落としたい時は、市販のホワイトニング用歯磨き粉がおすすめです。最近では”ポリリン酸ナトリウムなど、化学的に色素を分解するタイプが人気のようです。費用は安く済みますが、効果は限定的。


②クリーニングで白くする方法

タバコ、赤ワイン、コーヒーなどの色素が歯の表面に付着し、黄色くなってしまった場合はクリーニングで白くする方法がおすすめです。クリーニングは元の歯の色に戻すだけで、完全に白くすることはできません。ほとんどの歯科院で施術が受けられ、費用は数千円〜1−2万前後かかります。


③ホワイトニングで白くする方法

元の歯の色よりも白くしたい人には、ホワイトニングが効果的。歯の明度(明るさ)を上げて白くする方法なので、自然な白さを手に入れることができます。審美歯科(歯の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療の事)やホワイトニング専門のサロンで受けることができます。費用は20000円から70000円程度です。アメリカでは99%の歯科医院で行われているポピュラーな方法です。


④マニキュアで白くする方法

ホワイトニングを受けても白くならない時や、さらに白い歯を目指す人におすすめの方法です。歯の色を遮断して白くするため、元々黄ばみが目立つ歯でも綺麗な白さを手に入れることができます。費用は短期間のもので1本数千円、数年もつものが1本1万円前後となっています。


いかがでしたか?

最近では、黄色い歯に比べて白い歯に比べて、虫歯になりにくいという研究結果が発表されています。ご紹介した方法の中には費用が高いものもありますが、一回行うことでかなりの白さを実感することができるはずですよ。笑顔に自信がつけば、毎日がハッピーに過ごせること間違いなし!この機会にぜひ白く輝く歯を手に入れてみてくださいね。

▲TOP