コラム▲TOP

工夫次第で美肌に♡お肌に良いお酒とおつまみの3つの組み合わせとは?

Red wine, Brie and Camembert cheeses with bread

お酒は肌に悪いと決めつけていませんか?実は、お酒とおつまみの組み合わせ次第で、美肌を目指すことが可能なんです♡そこで今回は、肌に良いお酒とおつまみの組み合わせ3つをご紹介したいと思います。肌トラブルをなんとかしたい!と感じている人はぜひ参考にしてみてくださいね。


【お酒とおつまみの選び方次第では、美肌が目指せるんです!】

「お酒はダイエットにはもちろん、肌にも良くない」というのを聞いたことはありませんか?そもそもお酒が肌に悪いと言われるのは、体内でアルコールが分解される時に、肌を作る細胞を傷つけるため。これにより、肌に本来備わっている“水分を溜め込む”という機能がうまくいかず、結果乾燥肌を招いてしまうんです。また過剰な飲酒は、新陳代謝に影響を与え、肌が荒れてしまう原因ともなります。
しかし、お酒の種類の中には肌に嬉しい成分を含むものもあり、適量を飲むことで美肌を目指すことも難しくありません。またお酒と一緒に食べるおつまみも、組み合わせ次第では美肌効果をさらに高めてくれます。お酒も美肌も諦められない!そう感じる女性は、日頃のお酒の種類を見直してみてくださいね。
それでは早速、美肌を目指す人にオススメのお酒とおつまみの組み合わせをご紹介していきたいと思います。


【美肌におすすめの組み合わせ#1「赤ワイン+チーズ」】

赤ワインには、カテキン、フラボノイド、レスベラトロールなどのポリフェノールを豊富に含んでいます。これらのポリフェノールには、肌トラブルの原因にもなる活性酸素を抑制する抗酸化作用の働きがあり、若々しい肌を保つ効果が期待できます。また赤ワインには抗酸化作用の他にも、血液をサラサラにしてコレステロール値を下げる働きも。最近の研究では、赤ワインに含まれるレスベラトロールが、加齢による健康状態の低下を防ぐということが発表され、美肌だけでなく健康効果にも注目が集まっています。
体や肌の健康を保つ効果が期待できる赤ワインですが、アルコール度数は12度前後と非常に高いのが特徴的。美肌に良いからといってたくさんの量を飲むのはNGです。適量である1−2杯に抑えて、飲み過ぎには注意しましょう。

<赤ワインには、良質なタンパク質を含むチーズが◎>

赤ワインのおつまみとしては定番のチーズですが、実は美容効果が高いおつまみの一つにも挙げられます。良質なタンパク質を含むチーズには新陳代謝をアップさせる働きがあり、肌のハリやツヤをキープする効果が期待できます。また脂肪燃焼の働きがあるビタミンB群も豊富になので、美肌とダイエットの両方の効果が得られるのは嬉しいポイントと言えそうです。


【美肌におすすめの組み合わせ#2「日本酒+するめ」】

昔は男性が飲むお酒としてのイメージが強かった、日本酒。最近では日本酒を楽しむ女性が増えてきています。そんな日本酒には、コウジ酸と呼ばれる独自の成分が含まれており、これにはシミやそばかすなどの原因となるメラニンの生成を抑える効果が期待できます。また、ワインの約5倍もの量のアミノ酸が含まれているのも日本酒の特徴。アミノ酸は水分と結合して角質層に潤いを与える働きがあり、乾燥肌を和らげみずみずしい肌に整えてくれます。日本酒が持つこれらの美容効果を応用して、今では日本酒の成分を配合したスキンケア商品も多く登場しています。

<日本酒のおつまみには、成長ホルモンの分泌を促すスルメがおすすめ>

スルメは他のおつまみと比べ非常に低カロリーで、栄養が豊富に含まれています。中でもスルメに含まれるアミノ酸の一種「アルギニン」には、“若返りホルモン”と呼ばれる成長ホルモンの分泌を促進させる効果があると言われており、美肌に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートしてくれます。また噛むことで満腹中枢を刺激するため、少しの量で満腹感を得ることができるのも嬉しいポイントです。日本酒を飲む際はスルメも一緒に食べて、美味しく美肌を目指してみてはいかがでしょうか。


【美肌におすすめの組み合わせ#3「焼酎のお湯割+湯豆腐」】

最後にご紹介するのは、様々な割り方で楽しめる焼酎。中でも芋、麦、米、そばなどを原料にする乙類の焼酎は、他のお酒に比べカロリーが低く、糖質もあまり含まれていないのが特徴です。そんな焼酎には、ウロキナーゼと呼ばれる成分が含まれており、血栓を溶かして血液をサラサラにする効果が期待できます。また焼酎をを製造する過程でできる「もろみ」には美肌成分がたっぷりで、肌トラブルのない滑らかな肌へと導いてくれるんです。
焼酎の中でも特におすすめしたいのが芋焼酎。ポリフェノールやアントシアニンが豊富で、高い抗酸化作用が期待できます。歳を重ねるごとに肌トラブルが顕著に現れるようになった人は、ぜひ芋焼酎を試してみてはいかがでしょうか。

<日本酒のお供には、高タンパク低カロリーな豆腐を>

日本酒のおつまみにおすすめなのが、高タンパク低カロリーな豆腐です。新陳代謝アップの働きがある大豆イソフラボンを含み、肌のターンオーバーを正常に保つ働きが期待できます。体が冷えやすい人は、湯豆腐にして食べるのも◎。日本酒と一緒に頂くことで、体の芯から温まって気持ちもリラックスできますよ。


【いかがでしたか?】

今回ご紹介したお酒に美肌効果があるとは言っても、たくさん飲んでしまうと逆に肌トラブルを招く可能性があります。お酒を飲む際は飲み過ぎに注意し、適量を意識してくださいね。肌をもっとキレイにしたい!と感じる人は、美肌に良いお酒とおつまみの組み合わせをこの機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

▲TOP