コラム▲TOP

口コミで話題沸騰!スマホやパソコンなどのブルーライトがシミ・くすみを加速させる?

最近の研究で明らかになった、ブルーライトが肌に及ぼす影響。毎日紫外線対策してるのに、なんだか肌がくすんでる…その原因はスマホやPCが原因なのかもしれません。


ブルーライト

ブルーライトとは?

パソコンや液晶テレビ、スマホなどから発せられるブルーライト。目に見える光・可視光線のうち、最も波長が短く、強いエネルギーを放つ光として知られています。青色の光を発することから”ブルーライト”と呼ばれています。 ブルーライトは波長が短いため、光が拡散しやすいという性質があります。そのため目のピント調節に負担をかけ、ドライアイ・眼精疲労・視力の低下を引き起こします。また長時間ブルーライト浴びることで、睡眠ホルモンの一種である「メラトニン」の分泌が抑制、睡眠障害の原因となります。夜遅くまでスマホやPCを見ると、寝つきが悪くなると言われているのはこのためです。 ブルーライトが引き起こす体への悪影響は、まだまだ研究が行われている段階ではありますが、大きな影響を与えていることは確か。PC用のメガネをかけたり、夜スマホを見る時間を少なくしたりと、ブルーライトを避ける対策が必要なのです。


ブルーライトは肌へも悪影響を及ぼす!

体に悪影響を与えているブルーライトですが、実は肌にもダメージを与えていたんです。最近行われた研究により、ブルーライトによって”肌が焼ける”ことが判明。

ブルーライトが肌細胞に与える影響は大きく分けて3つあります。
・ブルーライトに当たってから1時間以内には、肌の変色を引き起こす
・ブルーライトを照射してから3週間後まで残る色素沈着を引き起こす
・ブルーライトの熱量が高ければ高いほど、細胞の変色が濃くなる

3つの研究結果に加え、ブルーライトはUV−Bより鮮明な色素沈着を引き起こし、消えにくいと事実も判明。ブルーライトが原因となって起こる”スマホ焼け”は、太陽の光より肌に与える影響はずっと大きいということなんですね。 またブルーライトは、紫外線よりも肌の奥深くまで浸透します。肌の弾力を担う真皮部分までブルーライトが入ることで、真皮にあるエラスチンやコラーゲンを破壊されます。結果土台が崩れると、肌はたるみ一気に老けた印象を与えてしまうのです。
日常的にブルーライトを浴びる私たちによって、ブルーライトを浴びないというのは不可能ですよね。夏に向けて本格的な紫外線対策を行う人が多くなりますが、紫外線に加えてブルーライトから肌を守ることも重要になってきます。


ブルーライトから肌を守るためにはどうしたらいいの?

前述に書いた通り、スマホやPCが浸透している現代にとって、ブルーライトをまったく浴びないことは不可能です。しかしブルーライトのリスクを最小限に抑えることはできます。ブルーライトがカットできるメガネをかけることはもちろん、仕事が休みの日は、できるだけスマホやPCから離れて外で過ごすのもおすすめです。また最近では、紫外線だけでなくブルーライトもカットしてくれる日焼け止めも登場しています。それらをうまく組み合わせることで、シミやくすみのない透明感のある肌をキープすることができます。今年からは紫外線とブルーライト、両方の対策を行っていきましょう。


いかがでしたか?

シミやくすみの原因は、屋外だけでなく屋内にも潜んでいたんですね。短時間でシミやくすみを引き起こしてしまうブルーライトだからこそ、早めの対処が重要。2016年からはUVケアに加えて、ブルーライト対策もぜひ行ってみてくださいね。


▲TOP