コラム▲TOP

ケタ違いの栄養…!ダイエット効果あり!第4のミルク「穀物ミルク」にみんなが夢中♡

皆さんは穀物ミルクというものをご存知でしょうか?栄養満点でありながら低カロリーの穀物ミルクは、2016年後半に注目したい飲み物でもあるんです。今回はそんな穀物ミルクについてご紹介。そのまま飲んでもよし、お料理に足してもよしの穀物ミルク、ぜひこの機会にお試しあれ♡

 

20161031milk1

美容・ダイエット効果抜群!穀物ミルクとは?

穀物ミルクは、米、玄米などの穀物類に加え、キヌア、チアシード、そしてヘーゼルナッツやアーモンドなどのナッツ類を原料としたミルクです。牛乳、豆乳、そして最近話題のライスミルクと比べると、カロリーが少なく、栄養価が高いのが特徴的です。また完全植物由来ミルクなので、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする…そんな人でも安心して飲むことができるのもポイント。 砂糖や塩などを加えない穀物ミルクは、穀物の自然が甘さが楽しめるので、そのままでも美味しくいただけます。また料理の味を変えないので、牛乳や豆乳の変わりに使うこともできますよ。これからの季節に嬉しいホワイトシチューに、お菓子作りに、シリアルに入れる牛乳の代わりに、そしてコーヒーや紅茶に入れたりと、様々なシチュエーションで大活躍してくれるはずですよ。

 

ダイエットに効果がある穀物ミルクのカロリーは驚きの9kcal!

穀物ミルクがダイエットに効果的と言われているのは、そのカロリーの低さにあると言えます。牛乳100mlのカロリーが67kcalに対し、穀物ミルクのカロリーはなんと9kcal!第2のミルクと言われている豆乳でさえ54kcalあり、穀物ミルクがどれほど低カロリーなのかがお分かりいただけるはず。毎日の食生活に穀物ミルクを取り入れることで、大幅なカロリーカットが期待できるんです。

 

カルシウム・ビタミンが豊富!ダイエットの強い味方 穀物ミルクに含まれる栄養素

穀物ミルクの凄さは、カロリーの低さだけではありません。完全栄養食とも言われる牛乳を超える、栄養の豊富さも人気の秘密。ここからは穀物ミルクが持つ、ダイエットや美容に嬉しい栄養素をご紹介したいと思います。

 

・カルシウム(牛乳の約2倍)

筋肉やホルモンバランスに欠かせない役割を担うカルシウムは、不足してしまうとダイエットに悪影響を与えてしまうと言われています。またカルシウムを積極的に摂ることで、ダイエット中のイライラを予防することもできます。

 

・ビタミンD(牛乳の約96倍!)

生活習慣病を予防する効果があるビタミンDは、最近では肥満予防や筋力アップの効果があることが最新研究結果で明らかになりました。また美肌へと導く効果もあり、ダイエット・美容効果が期待することができます。

 

・ビタミンB1(牛乳の約130倍!!)

ビタミンB1は、糖質がエネルギーとして使われる際に重要な働きをします。つまりビタミンB1が不足していると、糖質がエネルギーとして使われることなく体内に脂肪として蓄積されてしまうということにつながります。ダイエットには欠かせないと言っても過言ではないビタミンB1、穀物ミルクにはなんと牛乳の約130倍も含まれています。 このほかにも、鉄、マグネシウム、ポルフェノール、食物繊維なども含まれています。色々な栄養素が穀物ミルクで一気に摂れるのは、仕事や家事に大忙しの女性にはとっても嬉しいですよね。

 

穀物ミルク×痩身エステの最強タッグで、自分史上最高の美を目指す!

穀物ミルクのダイエット効果をさらに上げるためには、こまめな運動をして新陳代謝を上げることが大切です。「これから冬に向けてなかなか運動する環境を作るのが難しい…」「もともと運動が苦手で何から始めたらいいかわからない…」そんな女性は、痩身専門エステに通ってみてはいかがでしょうか?通常のリラクゼーションを目的としたエステとは違い、”痩せる”ということに目標を置いているので、確実にリバウンドなしで痩せることができるんです。 痩身専門エステに通い始めると、体内の代謝がアップしエネルギーがどんどん消費されやすくなります。良いことのように聞こえますが、裏を返せば余計に栄養や脂肪を吸収してしまうことでもあるため、施術後は食事制限が掛かります。そんな時にオススメしたいのが、穀物ミルク。栄養満点でありながら低カロリー、さらには穀物ミルクに含まれるチアシードの働きによってお腹が膨れるので、より短期間で痩せることが可能となるんです。ダイエットの長期戦がなかなか自分に合わないと感じていた人にとっては、まさに最強タッグと言えそうですね。

 

いかがでしたか?

低カロリー・栄養満点なのはもちろん、ほんのりとした甘さがやみつきになりますよ。太りやすい冬が到来しますが、穀物ミルクがあれば大丈夫♡最近では徐々に流通し始めているので、この機会に穀物ミルクをチェックしてみてくださいね!

▲TOP