コラム▲TOP

実は冬よりも太りやすかった!夏太りの原因と解消法とは?

001

気温と湿度が高い夏は、少し歩いただけでも体温が上昇して汗をかきますよね。汗をたくさんかくと気分的にスッキリして痩せたと感じてしまいがちですが、夏の季節は冬よりも太りやすかったんです!ここではそんな夏太りの原因について、解説していきたいと思います。



<夏太りの原因その1 そもそも消費カロリーが冬より少なめ>


冬と同じ生活・食事スタイルなのに、夏のほうがなんとなく太りやすいと感じている人はいませんか?最高気温が34-5℃を超えることもある夏の季節は、体温と外気温の差があまりないのが特徴的。そのため、体温を維持させるためにエネルギーが消費される冬に比べて、エネルギー消費量が若干劣ると言われているんです。これにより消費されるはずのエネルギーが使われずに体内に蓄積され、肥満を引き起こします。



<夏太りの原因その2 体を冷やすことによる代謝低下>


エアコンでガンガンに冷えたオフィス、冷たい飲み物・食べ物と、夏は体を冷やしがち。体を冷やすことは必然的に内臓を冷やすことにつながり、代謝低下を引き起こします。ある研究では、体温が1℃下がると12%も基礎代謝が低下するということが発表されています。体内の脂肪を燃焼させて痩せやすい体になるためには、“代謝アップ”が重要な鍵。日頃から、体を冷やさないように意識することが大切です。



<夏太りの原因その3 水分の摂りすぎ>


暑い夏の日は、喉を潤そうとしてお茶や水、ジュースなどの水分を多く摂りますよね。しかし過剰に水分を摂ってしまうと、体の水分代謝が追いつかなくなり、体内に余計な水分が溜まってしまいます。これがむくみを引き起こし、夏太りを加速させます。



<夏太りの原因その4 夏バテ回復のためのドカ食い>


暑い日が続くと体のだるさや食欲不振など、夏バテに悩む人も多いはず。そんな夏バテを回復させようとして、いつもよりたくさんの量を食べていませんか?夏バテで食欲がないのは、内臓が疲れている証拠。その状態でたくさんの量を食べると、カロリー過多を引き起こすだけでなく、内臓にも負担を掛けます。夏バテ中は無理に食べようとせず、胃腸を休ませましょう。



【今日から始めよう!夏太りにならないために心掛けることとは?】

夏太りをそのまま放っておくと、体重増加はもちろん、セルライト出現によりお気に入りの服が着こなせない…なんてことにもなり兼ねません。では、夏太りを防ぐためにはどんなことに注意すればいいのでしょうか?

夏太りの対処法は、ズバリ「体を温める」こと。普段からできるだけ温かい飲み物・食べ物を摂るようにしたり、オフィスには羽織りものを持参したり、さらには帰宅後に半身浴で体の芯から温める方法なども効果的です。体を温める=内臓の働きが活発になることで、代謝量はアップします。これにより脂肪燃焼効果も高まるので、結果太りにくい体へと導いてくれます。夏太りに悩まされないために、職場・家問わず、日頃からできるだけ体を冷やさないように意識して毎日過ごしましょう。



【夏太りの強い味方!バイオエステBTBで痩せ体質を目指しませんか?】

夏太りを防ぎながら、自分史上最高の美ボディを手に入れたい人には、痩身専門エステサロン「バイオエステBTB」がおすすめ!

撮影や収録に忙しい芸能人の方からも絶大な支持を得ているバイオエステBTBでは、国内の専門メーカーと共同で開発したハイブリッドマシンと、熟練のエステティシャンによるハンドマッサージが魅力。中でも吸引・ローリング・ラジオ波・EMSの4つの機能を1台に搭載した「バイオセルファイアEX」は、効率的に脂肪細胞や全身のコリにアプローチして、老廃物が排出されやすい環境へと整えてくれます。また多機能を1台に搭載することで、他エステサロンだと3時間も掛かる施術時間が、1時間に短縮。施術を受ける側の負担を極限まで抑えているので、仕事帰りやデート前などに気軽に足を運ぶことができます。
とは言っても、いきなりエステサロンに通うのは勇気がいる…そう感じる人も少なくないはず。バイオエステBTBでは、初回に限り、高度な施術がリーズナブルに受けられる体験メニューを提供中です。バイオエステBTBが誇るハイブリッドマシン「バイオエステEX」を使用したコースは、なんと5,000円という驚きの値段で受けることができます。体験メニューでは、二の腕・背中・お腹・ヒップ・脚全体の中から好きな部位が選べるので、本格的な夏に向けてシェイプアップを考えている人はぜひ利用してみてくださいね。



【いかがでしたか?】

生活習慣を少しだけ意識するだけで、夏太りは防ぐことができます。夏は仕事もプライベートもアクティブに過ごしたい!そう感じる女性は、まずは体を温めることから始めてみてくださいね。

▲TOP