コラム▲TOP

花粉症は肌にも及ぶ!今の季節に知っておきたい花粉症皮膚炎とは?

5人に1人が発症している花粉症。目がかゆい鼻水やくしゃみが止まらない…花粉症の症状はそれだけだと思っていませんか?実は、肌にもダメージを与えるものだったんです。


花粉症

ティッシュが手放せない!花粉症の季節がやってきた

冬の寒さが緩み始めて、いよいよ春本番…の前に、嫌な花粉症の季節がやってきました!春によく飛ぶスギ花粉は、2月から4月までが一番多く飛散すると言われています。花粉症に悩まされる多くの人は、目がとにかくかゆい、鼻がムズムズする、鼻水がたくさん出る、くしゃみが止まらないなどの症状が出ます。また一歩外に出るたび花粉にさらされるため、通勤や通学するのが億劫だと感じる人も多いはず。さらに、薬を飲まなきゃ普通に過ごせない、重症患者さんもいらっしゃいます。


花粉症は肌へも悪影響を与える厄介な存在

花粉による悪影響は、くしゃみや鼻水にとどまりません。花粉症に悩まされる時期に、決まって”乾燥肌”になることありませんか?また髪の毛が肌についただけでかゆくなったり、赤くなったりしたことありませんか? 実は”花粉症皮膚炎”と呼ばれる、立派な花粉症の症状だったのです。


花粉症2

花粉がなんで肌に悪影響をもたらすの?

花粉症は、目や鼻の粘膜についた花粉を外に押し出そうとして身体が反応することが要因となって起きる、アレルギー現象です。 そのアレルギー現象、実は肌の上でも起こっているんです。肌に花粉がつくことで、その部分がアレルギー反応を起こし、カサカサしたり赤くなったりします。 そして鼻水が止まらないからといってティッシュで何度も鼻をかんだり、目や鼻がかゆいからつい強い力でこすってしまう、なんてことも重なり肌をさらに傷つけているんです。 傷ついた肌は、自ら水分を保持し外的刺激を守ると言う”バリア機能”をどんどん失っていきます。バリア機能が低下した肌は、水分がどんどん奪われ乾燥肌が急激に進んでいくのです。 この一連のサイクルを”花粉症皮膚炎”と呼びます。


花粉症皮膚炎によって花粉がさらに肌を刺激する

花粉症皮膚炎をそのままにしておけば、さらに花粉が肌に入り込みます。肌の力が弱まっているので、肌へのアルレギー反応が強く出てしまうのです。肌荒れが進み、大人ニキビもどんどん増えていきます。あんなに綺麗だった肌は、いつしか不毛地帯のような状態に。そんな肌にメイクをしてもうまく乗らず、気持ちも下がる一方です。 このような状態を防止するため、花粉症皮膚炎を発症したら早めのケアが必要なのです。


花粉症皮膚炎の対策は”とにかく保湿!

花粉症皮膚炎を少しでも改善させるためには、肌のバリア機能を向上させる保湿が鍵となります。普段のスキンケアでは何よりも保湿を重視させましょう。また花粉症皮膚炎の場合、いつもより肌は敏感な状態です。刺激が強いスキンケア製品は避け、”敏感肌用”として販売されているものや無添加の製品を使うことをおすすめします。 最近では、花粉症皮膚炎用のスキンケアはもちろん、超敏感肌用に作られたスキンケアなどが続々と登場しています。口コミだけで購入するのではなく、本当に自分の肌に合うのかどうかしっかりチェックして買うようにしましょう。


お化粧は毎日したほうがいい?

肌が乾燥して荒れている時こそ、肌を休ませるためにすっぴんでいたほうがいいと思う女性も多いはず。しかしファンデーションだけでも塗ることで、花粉が肌に入るのを防いでくれるんです。お化粧はしたほうがいいとは言っても、ばっちりメイクNG。クレンジングの際にゴシゴシこする原因となりますし、肌に負担をかけてしまいます。ファンデーションやアイブロウなど最低限のメイクにとどめておくのがポイント。 ファンデーションは、オイルフリーや美容成分が含まれているリキッドファンデや肌に優しいミネラルファンデがおすすめです。これらのアイテムは、つけている間の乾燥からも守ってくれるますよ。


クレンジング・洗顔時は”優しく”が合言葉

花粉症皮膚炎の時の肌は特に弱っている状態。帰宅したらすぐに、クレンジングと洗顔を行いましょう。肌に負担をかけてしまうオイルクレンジングより、肌に優しいミルククレンジングを使って優しくメイクをオフ。ゴシゴシこすらないことが大切です。クレンジング後は洗顔料をしっかり泡立て、泡で顔を洗うようなイメージで汚れを落としていきます。30−35度ほどのぬるま湯ですすいだら、清潔なタオルで水分オフして完了です。 ちなみに不要な角質をオフするピーリングやスクラブ洗顔は、花粉症皮膚炎にかかっている時なしないのが基本。弱っている肌表面を傷つくことになりかねません。花粉症の時期は、とことん肌を優しく丁寧に扱うということが大切なのです。


いかがでしたか?

花粉症皮膚炎は意外と認知度が低いからこそ、花粉の時期の肌荒れを”一時的なもの”と捉えてしまいがち。花粉のせいで肌がボロボロになる前に、しっかりとした対策を行いましょう。花粉症に悩まされている人は、今こそ自分の肌をチェックしてみてくださいね。

▲TOP